別所温泉で露天風呂に入った。

私が好きな感じの、ぬるめのお湯につかりながら、ひらりと落ちてきた落葉を触る。

赤や黄色という暖色の葉は、最後の生命の息吹を伝えんとばかりに、この色になるのかな、と思ったりした。

体をお湯につけたままで、手を伸ばして、オブジェとなっている石を触ってみる。外気に触れてひやり、と冷たい。ずっとここにある石だ。芯まで冷えているの違いない。


空を見上げた。空は青かった。

頭を上げた瞬間、深呼吸をした。すうっと。温泉の湯気の暖かさと、冬に向かう外の空気の冷たさとが絡み合って、私の肺に空気が入っていった。


息をしたことを、意識したのはいつが最後だろう。


当たり前のことが、当たり前になりすぎていることが、ちょっと怖いなと思った。



今回の出張に筑摩書房から月刊で出されている「ちくま」を持っていった。

この中に哲学者の森岡正博さんが「生命の哲学へ!」と題した連載を持っている。今回は「脳死」について書かれている。

文章の中に「息をすること」と「生きること」二つ入れ触れられた記事が興味深い。

「息」は古来より「生命」の本質と考えられてきた。たとえば古代インドで真我を意味するアートマンは、そもそもは「息」の意である。古代中国で生命的な原則を意味する「気」も、身体に出入りする「息」と深い関係にあった。古代ギリシャにおいて生命や精神を意味するプシューケもまた、そもそもは「息」のことであった。

ちくま 2014年12月 p48 

日本だってそうだ。亡くなることを「息を引き取る」ということを森岡さんは指摘している。



今回「息をしていること」に無頓着だったと認識したが、もしかしたら「生きていること」も雑になっているような気がしてならない。

これからも走り続ける日々となるだろうが、「息をすること」に意識を向けていきたい。そうすると「これから
どうやって生きていくか」も見つめなおすことができるであろう。


また水の音、葉っぱの感触、石の冷たさ、野菜の甘さを休みとなった今日1日ではあるが、体感した。貴重であり、至福の時間だった。


■クリックで、応援をお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村


編集・ライター ブログランキングへ

【発売中】走れ!移動図書館~本でよりそう復興支援

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 312750

by ヨメレバ



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック