池波正太郎先生の本を読ませていただいております。いえいえ、もちろん小説を読ませていただいておりますよ。

それと同時にエッセーが大好き。今年は映画をたくさん見ようと思ったのも、池波さんのエッセーに影響されています。

image

美食家としても知られている池波さんのご本に登場しているお店に、池波さんとご飯をこのお店でご一緒した方にご案内いただきました。

51

有楽町にある慶楽です!

関連ランキング:広東料理 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅


image

まずいただいたのは、春巻き。

あ、こちら1人分です。1人分で3本。それも太さが違います。ご覧の通り、具もぎっちりです。

image

池波さんのエッセーにも登場する豚とモヤシ焼きそばです。こちらも一人分。こちらの麺は細麺なんです。ラーメンもそうなのですが細麺好きの私としては嬉しい。

野菜たっぷりなのでヘルシー。

image

そしてこちらも池波先生が愛したスープ炒飯!炒飯がスープに使っているにも関わらず、炒飯のぱらぱら感は健在。さりげないおこげの味も楽しむことができます。

ちょっと時間を置いても、炒飯はべちゃべちゃにならないし、逆にスープと幸せな一体化をしていて最後まで楽しめます。スープはあっさりした鶏がらです。幸せな一体化というのは、混ざってぐちゃぐちゃになるのではなく、いいところを伸ばしあう関係・・・のような。

こちらも大きいどんぶりにたっぷり。

image

食事ももちろんですが、池波先生とのエピソードを伺いながらいただくご飯は格別でした。知らないと何気なく通り過ぎるお店、無意識に頼む一品一品にもストーリーがあるのですね。

お腹はもちろん、心・・・というか頭も満たされた夕食でした。

真田太平記が読みたくなった。

 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック