「世界一おいしいハイボールを出すお店があるんだよ」と、名前を聞いていたお店があります。

居酒屋ではビールの次にハイボールの私。店によってちょっと薄めとか濃いという違いがあっても、悲しいかな、おいしいかまずいかって考えたことがなかった。(すいません)

そして銀座のバーって敷居が高いイメージがありました。ふらふらっと入れる感じがしない。

2015年のやりたいことは、紙に書いていると、夢かなうものですね。連れて行ってくださる方が現れたのです!

さて、こちらのお店の名前はロックフィッシュ。有楽町駅から徒歩10分くらい。新橋からのほうが近いみたいです。

早速、噂のハイボールをいただきます。

「あれ?」と思われた方もいるかもしれません。氷が入っていないのです!

だから急いで飲まねば・・・ということはありません。会話を楽しみながらいただきましたが、喉を通るたびにきんとした冷たさを感じます。それに炭酸がしゅぱしゅぱしすぎていないので、しっかりとウィスキーの味を堪能できます。

image

ご案内いただいたSKさんがおすすめのサンドイッチ。かりっと焼いた細切りの食パンにコーンビーフとトマトなどの野菜が入った一品。一見ボリューミーですが、口ざわりが軽くさくっといけます。

後ろのピーナッツはお通しです。

image

席は4席のみ。あとはカウンターでスタンディングとなります。込んでいて「めったに座れない」という席につくことができました。

隣の席の紳士お二人と目が合った瞬間、あちらが話しかけてくれて、結局4人でお酒をいただきながら世間話など。

「お互い名前や所属は明かさず楽しく飲みましょう」とはいえ、イニシャルだけでも・・・ということになりました。

隣のテーブルに座っていらっしゃったちょっと丸顔の紳士が口火を切ります。「私はSK」です。

するとご一緒されていた男性も「え、私もSKですよ」

私をご案内くださった方も「・・・SKです」

最後私は・・・Sachiko Kamakuraですから「SKです・・・・」

一瞬沈黙の後・・・・



全員、SKですか!


こんなこともあるんですね。

さてお隣の方たちが私がロックフィッシュに来たのが初めてだということを知ると「だったら、あれを食べねば」とオーナーにオーダーしてくれました。

こちらスコッチ・エッグ。スコッチ・エッグはゆで卵をひき肉で包み揚げたものしか知りませんでした。こちらはコーンビーフで包まれています。コーンビーフは油っぽいイメージがありますが、こちらのはライト。それにマカロニサラダつきでした。皆さんの会話を耳をそばだてて聞いていると、ポテトサラダも美味なようです。

バーでお酒がさっと届いて「あちらの方から・・・」というシーンがありますが、私に届いたのはお酒ではなくスコッチ・エッグでした。まだここではお子様だな。

image

ご案内くださったSKさんから「作家は、このお店でハイボールを2杯飲んで、軽くつまみ、出版記念の会場となることが多い帝国ホテルや芥川賞・直木賞の授賞式が開かれる東京會舘へ行っていたんだ」というお話を頂戴しました。

どんな文豪がこの席に座っていたんだろうと思うだけで、ワクワクします。

SKさんに感謝。

そして2杯・・・ではなく、3杯飲んでお店を後にしました。私らしい。


関連ランキング:バー | 内幸町駅銀座駅日比谷駅


 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック