●災害と図書館~都道府県立図書館の役割を中心に

今年の1月に横浜で行いましたトークイベント「災害と図書館~都道府県立図書館の役割を中心に」が対談記事としてアップされました。

  災害と図書館~都道府県立図書館の役割を中心に

今日は台風が近づいているので、朝のニュースでも降水確率が高くなっていますね。この対談の最初に会場の皆さんに「何パーセントの降水確率で傘を持っていこうと決めますか?」と尋ねました。

v9_main
同じ歳コンビ

これは、去年(2014年)の12月19日に、政府の地震調査委員会がだした全国地震予想地図の最新改訂版の話をしようと思ったからです。

これから30年間で、震度6弱が起こる自治体があげられています。

横浜市役場がある場所で起こる確率は75%と大変高くなっています。東京都庁は46%、さいたま市役所が51%、千葉市役所が横浜市と同様に高く73%となっています。

降水確率70%と聞くと、傘を持っていこうと思う人が多いと思います。

では地震の確立70%と聞いたら、どうでしょうか。



「30年以内なんて、分からないよ」と思っちゃう方もいるのでは。


これを読もう!

天災は忘れた頃にやってくる


これは名言だと思う。関東大震災の経験からの寺田寅彦の提言書にもなっています。

また震災で起こるデマ、平時における備えなどについても触れられています。

ハイライト、引くところいっぱいでした。

今、心の中で備えるためにも、読んでもらいたい一冊。


忘れないためにも、


去年2月高知市に行ったときに、空港で南海トラフ巨大地震についての情報が展示されていました。

o0640048012861323942

高知市は16分、室戸市なんて3分で津波が来ちゃうんですよね。

o0640048012861323965

あ、対談では、災害が起きた時の図書館の役割などについてお話をさせていただきました。どうぞご覧ください!

  災害と図書館~都道府県立図書館の役割を中心に






東日本大震災・・・忘れない

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 103454
by ヨメレバ



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック