●ラジオで、話をする時に気をつけていること

今日はラジオ日本の岩瀬惠子のスマートNEWSに出演させていただきました。

それでなくても講演とか出演は緊張します。

朝早いと、「寝過ごしたら大変」と思って夜に何度も目を覚ましてしまいます。昨晩は夢でラジオ出演をしていました。シミュレーションか!

いつでも緊張します。


image
 
さてラジオに出演する中で、気をつけていることがあります。

これは誰にも教わったのもではないので、自己流ですが。

 文章は短く
「~で、~で」とか続けるのではなく、1文を短くします。

ラジオは姿が見られない分、掛け合いも含めて2人なり3人の声が聞こえるのが大切だと思うのです。一人で話を続けるのはスピーチであり、ラジオでいうトークではないかな。

なので一文、一文を短くします。そうなるとその合間に「そうなんですね」とか「なるほど」とか、パーソナリティの方に掛け合いの声を入れていただけます。

聞いている方は、その方がテンポがあって、いいのでは。

 「あの~」は意識をすれば直せる!
会話の途中に「あの~」と入れる癖があったんです。「その~」も含めて。

それを指摘されたことがあったんです。「あの~」を入れるのをやめろ、と。

それから意識するようになったんです。

「あの~」が出そうな時に、意識をしていたら自分の脳で気が付くのです。あ、出るぞ、と。

そうして、ぐぐっと抑えられるようになりました。

学んだのは意識をすれば、言葉って治せるということです。

 エピソードを伝える
伝えたいことは、そのエピソードとかストーリーと一緒にお伝えしています。

ラジオを聞いている人がイメージができるようなストーリーを話をしています。数字を入れて信頼性を増すこともあり。でもラジオは数字だけの羅列では面白味がないような。

想像し創造させることがラジオの楽しいところかな。

ビジュアルがないだけ、耳で聞いて脳で妄想する・・・。ラジオ楽しい!

R.E.MのOut of Timeに入っているRadio Songを聞きながら。


Out of Time
R.E.M.
Warner Bros / Wea
1994-06-17







鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 103454
by ヨメレバ










 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック