いただいた名刺は、名刺フォルダーに入れて保存していました。

そのたびにフォルダーを買い続け、事務所の机の中に入らなくなりました(あぁ)

だからスキャンして、データとして保存しようと思い立ち、名刺管理アプリEightに登録しました。無料です。

ただね、スキャンが大変なんですよ。

スキャンをする時間があれば、他の仕事ができる!

Eightの前は、他のソフトを使っていました。スキャナーを使って名刺を読み込んでいたのですが、時間がかかる!

空き時間を使ってスキャンしようと思ったのですが・・・いろんな仕事が入ってきちゃいます。

名刺をきちんと整理することの大切さは理解しつつも、通常業務をこなしながらスキャンするのは「無理」と思っていました。

1年で700枚は名刺交換をするので、今までためてしまった名刺もすごい量でした。

そして名刺をみながら「申し訳ない」って気持ちになります。だって、名刺一枚一枚は、お一人お一人なのです。

名刺を活用する・・・というよりも、大切に保存したいと思いました。

そんな時は「スキャンマン」を呼ぼう

とは言いつつも、自分でスキャンをするのは時間がかかるもの。

スキャナーを購入することも考えましたが、一年で何回使うのか、部屋にスキャナーを置くことで取られてしまうスペース(狭い部屋だからね)、また自分の時間の使い方を考えた時、思ったのです。

「外注しよう」、と。

スキャンマンに名刺のスキャンをお願いしました。

スキャンマンは、オフィスや自宅に派遣・出張してスキャンをしてくれるサービスです。事務所まで来てもらえるのであれば助かりますね。さっそく、スキャンマンのHPから申し込みました。

2500枚をこえる名刺を、あっという間にデータにしてもらいました

スキャンマンのスタッフ・岡本さんが事務所に来てくれました。

岡本さんはさっそくPCとスキャナーをセッティング。奥にあるのが私のスキャンを頼んだ名刺です。2000枚を超える名刺です。

2574枚でした。

私が今持っている名刺読み取り用のスキャナーを使うと1枚スキャンするのに5秒ほどかかります。またちょっとずれて斜めに読み込んでしまったらやり直しが必要です。それがストレスなのですよ。

こちらスキャットマンさんの持ち込まれていたスキャナー。(スーツケースに入っていました)

12

岡本さんが名刺を読み取っていきます。

そして私のEightにデータを反映させていきます。

あっという間に終わった!

自分でスキャンしていた時は、数カ月かけてやっと500枚をスキャンしました。またその時使っていたソフトは、かなり正確に名刺に印字されている情報を読み取ってくれるといっても、結構ミスがあります。

それのデータを基にメールを出したとき、「l」が「i」になっていた時もありました。

Eightはスキャンされたデータを、オペレーターが手打ちをしてくれます。

さて、2500枚以上の名刺は、あっという間にデータ化されました。

いやぁ、これは楽!

今までかけていた時間は何だったんだ、と思ってしまいました。

4年間の名刺を読み込んでもらいました。4年間、モヤモヤしていた名刺のデータ化が一瞬で終わるとは。

02

ありがとうございました

数時間で2500枚を超える名刺のデータ化をしてくれたスキャンマンさん。ありがとうございます。

この様なサービスも「人助け」だなぁと思ってしまいました。

スキャンマンの岡本さん、ありがとうございます。

10

仕事にかかる時間で、プロに任せてスリム化できるところはした方がよいと思います。

ストレスフリーに、5年間悩んでいた名刺の管理の課題が解決されたのですから。

Eightはスマホでデータが見られるので、外出先からでも電話番号やメールアドレスをチェックし連絡が取れます。


スキャンマンさんの動画がYou Tubeにありました。



 




.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック