カンボジアに赴任していた頃、ある小学校に行ったら、校庭の後ろにウシたちがいた

その中に一頭の子ウシがいたのだ~。

触りたいなぁ ( ´艸`)

と思ったら、一緒にいたソポンというスタッフが「ウシ語を教えますよ」と一言。


( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


そのコトバを発すると、確かに

社会見学 (15)

子ウシが来た・・・。

社会見学 (20)
仲良しに。 

そのウシ語とは、
みぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅみぅ


ネコ語っぽい。それで子ウシは来てくれます!

カンボジアではウシの世話が子どもの仕事ゆえに、ウシの気持ちや言葉が分かるスタッフが多かった
ソポンも例外ではない。

学校建設事業課のビスナーと田舎に出張していた時、どこからともなくウシの鳴き声が聞こえた。

「お母さんウシを探しているんですよ」と一言。

そうして数分後、寂しそうに泣きながら通り過ぎる子ウシの姿が!

カンボジア人、すごい。


という訳で、カンボジアに遊びに来ます。


ただこちらウシさんたちがいた場所。左はじにちょっと赤いピンのようなものが見えるかと思います。
社会見学 (13)

あちらこちらにあった「地雷危険」の看板。

人も、ウシにとっても暮らしずらい場所でもある。

 社会見学 (12)

この写真は10年近く前に取ったもの。地雷撤去されていることを願う。
 

.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします




.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚


 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック