好き嫌い選手権ではありませんが、電子書籍は持っていませんでした。ネットで面白い情報を見つけらるのですが、頭に情報がとどまりずらいと感じているので基本的に本は紙で読んでいます。

先月、今月と7万字の原稿を書いていた時に「海外の文献も読みたい」と思うようになりました。ネット検索でとれる情報もあったのですが、情報の出典が分かる本で出されているもののほうがよいな、と。

昔はAmazonで注文をして送料をかけてカンボジアまで送ってもらったこともあります。ただお金がかかる!

そこで、えいやっとKindle Paperwhiteを購入しました。

電子書籍Kindle Paperwhiteはこう使いたい

海外の本を入手する

日本にある情報だけではなく、これはというものは英語で文献を読みたい。アメリカ図書館協会で出したElisabeth Doucett著の”Creating Your Library Brand” (あなたの図書館のブランド化)を読みたいと思ったのが今回購入したきっかけでした。

これからの情報は、海外からも取っていきたいと思います。インターネットからだけではなく、データの出典が分かる本を読むことで、他の文献の存在も知ることができます。

紙で読んで保存したい本→電子書籍

紙で読んでこれはと思うものは電子書籍で保存していきたいです。

東京の住まいは悲しいかなスペースが限られているので、本の置き場がなくなってきつつあります。本を整理するのは心苦しいですが、今仕分けをしています。

ただ今後も読みたいと思うものは電子書籍で買っておけばいつでも読み返せます。

まずはやってみて・・・

私の『走れ!移動図書館』も電子書籍化されていません。このように、まだまだ電子書籍になっているものが少ない状態です。

なので紙の本が中心だと思いますが、電子書籍も使いながら、今後の活用を考えていきたいです。

まずは英語の文献をまた読めるようになるのが目標です。

でもできないこともあるな

論文など書いているときは、何冊もの本のページを開いて見比べたりしながら、情報を探していましたが電子書籍はそれができない。

また「ひと箱古本市」もできない。

そんなことを思いつつ。

では箱を開いてみよう

こちらKindle Paperwhiteの箱。薄いですね。

BlogPaint


箱の後ろに説明書きが載っています。

Kindle Paperwhite (2)

箱の厚さはこんな感じ。



Kindle Paperwhite (4)

では、ご開帳。

Kindle Paperwhite (5)

Kindle Paperwhiteが入っていました。

BlogPaint

やっぱり軽くて薄い。

BlogPaint

グローバルな説明書のわりに薄い。

BlogPaint

だって日本語の説明も見開き2ページのみ。各部の説明も電源とUSBケーブルの2カ所だけじゃん。

Kindle Paperwhite (8)

電源をオンにしてみる。

BlogPaint

スタート。

BlogPaint

取扱説明書を見ての通り電子書籍の使い方は「簡単」ですね。

誰かがウォッシュレットのように最初は怪しげに思っていたものも、気が付いたら市民権を得ていたように、電子書籍もなるのでしょうか?

紀伊国屋書店新宿南店の撤退のニュースの後、ちょっと複雑な気分になりながら操作をしております。





.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック