6月、7月の私のテーマは原点を見つめなおす。今年出版する予定の本もそうですが、自分の今までを見つめなおして「なんで私は本にこだわっているんだっけ」という問いを自分の中で見つけ出したいと思っています。

今年に入って、20年以上封印していたことが、こじ開けられました(笑)


それが私の原点・・・の一つに違いありませぬ。

主催の南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)さんが、Twitterで大絶賛PRをしてくれております。 

「女子高の漫画研究部を売り込むために県内最大のコミケを開いた女子高生の話」の女子高生は20年以上前の私のことです・・・。講演というかお茶を飲みながらのフリートークをさせていただく感じかな?

告知ページのプロフィールも今までのものとは違います。もう、ここまで来たら、やっちまえという思いが爆発しました。

カンボジアなどの紛争地や東日本大震災後の移動図書館の話をさせていただくことが多いのですが、コミケについて話すのは、ぶっちゃけ「人生初」です。

お楽しみに~!?

女子高の漫画研究部を売り込むために県内最大のコミケを開いた女子高生の話

日時 2016年6月9日(木)20:00~23:00頃(出入り自由)
 
場所 ブックス&カフェ・ブーザンゴ
〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-2
TEL & FAX: 03-3823-5501
http://www.bousingot.com/

参加費 各自オーダーのみ

お問合せ 不忍ブックストリート実行委員会
shinobazu@yanesen.org

☆お勤め帰りに立ち寄っていただけるお時間です。
☆カフェメニューはブーザンゴHPでもご覧いただけます。
 みなさまのおでかけをお待ちしています。


プロフィールについて

こちらいつも私が使っているプロフィール。

鎌倉幸子(かまくらさちこ)

青森県弘前市生まれ。アメリカ・ヴァーモント州のSchool for International Trainingで異文化経営学修士。1999年、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所入職。図書館事業課コーディネーターとして500をこえる小学校に図書室を設置する。2007年東京事務所に異動。2011年1月に広報課を立ち上げる。その3ヶ月後に起こった東日本大震災の後、公共図書館が壊滅的な被害を受けた岩手県沿岸部で「本を手にする機会を途切れさせないお手伝い」ができないかと本を車に積んで仮設住宅を巡回する「いわてを走る!移動図書館プロジェクト」を立ち上げる。2015年12月末にシャンティを退職。2016年1月からアカデミック・リソース・ガイドのプロジェクトマネージャーに着任しつつ、自身でもかまくらさちこ株式会社を立ち上げ代表取締役。

今回のプロフィール。

鎌倉幸子(かまくらさちこ)

青森県の元祖腐女子。親の目を逃れるために、高校生の時、郵便局に私書箱を持っていました。25年の沈黙を破ってここではじめてお話しします!

誰が来てくれるのか、おしえておじいさん(笑)

追伸
今日、お会いした松戸市立図書館の方がすでにこの情報を入手して「行きます」とおっしゃておりました・・・。ありがとうございます。

P1080611
 
これは偵察に行った2013年の夏コミ。 暑かったー!

 あわせて読みたい 





.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック