湯布院を満喫しています。日曜日と月曜日にかけて1泊しました。ニュースで、大分県の温泉は地震の影響で観光客が激減した話を聞き、「だったら温泉に泊まろう」と思い立ったのです。

2年前に湯布院に宿泊した友人の話を聞くと、宿をとるのが大変だったということでしたが、今回は楽天トラベルで楽に取れました。高級旅館から民宿まで、選び放題でした。市のFacebookにあるように、緑が美しい季節に訪れることができてよかったです。


湯布院のおいしい空気をいただきながらウォーキングをして金鱗湖へ向かう

旅行は楽しい。そしてせっかくなので地元の名産品をいただきたいと思っています。旅行中に食べたものは、少しでもその土地で消化したいもの(笑)

今回は宿泊した宿から30分歩いた先にある「湯布院金鱗湖」に行くことにしました。宿のお兄さんが地図に蛍光ペンで行き方を書いてくれました。店屋が並ぶ通りは帰りにすることに。行きは川沿いを歩いて自然を楽しむことにしました。

晴れているので由布岳が目の前に見えます。



向かっている金鱗湖の水が、この川に流れ込んでいます。水鳥が羽を休めていました。それだけ空気や水が澄んでいるからでしょうね。カメラを向けたら、きょとんとされました。



地震で今年の田植えをあきらめた市町もあったようです。由布院の川沿いは田植えがなされていました。田植えは、今年やめてしまうと、1年棒に振ってしまう形になります。田植えができてよかったという気持ちと、できなかった農家さんの苦悩を感じて複雑な気持ちになります。

どんな形かで応援できないものかと考えながら川沿いを歩いていきます。



サンダル1足だけしか用意してきませんでしたが、ランニングシューズをもってこればよかった。この一本道を走ることができたら、爽快な気分になること間違いなし!



まさに自然遊歩道です。やっぱり自然があるところはいいですね。湯布院は外国人観光客も多いからか、Wi-Fiの環境がばっちりです。ここにいてもネットが通じればできる仕事ってあるはず。



湯布院金鱗湖に到着しました。



こちら湯布院金鱗湖のいわれなど。
大分県湯布市にある湯布院金鱗湖(きんりんこ)は、湯布岳(1584m)の下にある池という意味から「岳ん下ん池」と称していた。

明治17年大分の儒学者、毛利空桑(もうりくうそう)が池のそばの露天風呂から湖面を眺めていると魚が飛び跳ね、鱗がおりしもの夕日に映えて金色に輝く様を見て「金鱗湖」と名付けたという。金鱗湖案内板によると、金鱗湖はやや長方形をしていて長辺約100m、短辺約70m、湖底はやや「すり鉢」状になっていて最深部は湖の山手側にあって約2mである。

水の流入は下ん湯の横、ハエ川温水(約30度以上)と天祖神社境内の湧水、それに湖底深部にある湧水の供給から成り立っており、一日約23300立方メートルが流出して大分川の源流になっている。金鱗湖から発生する朝霧が湯布盆地を霧の海に沈め、幻想的な風景を醸し出すという。

出典:
http://www.osumi.or.jp/sakata/furusatokaze/tanbou2/yufukinrinko.html 
魚が泳いでいました。温泉のお湯が流れ込んでいるためか、お魚さんたちも温泉に浸かっている気分なのかゆったりと泳いでいる姿がありました。
 
 

毛細血管の隅々まで、酸素が巡ったような気持ちになりますね。

大分で出されている大分のガイドブック!
持ち歩こっ! 別府 湯布院
おおいたインフォメーションハウス
おおいたインフォメーションハウス株式会社
2015-03-25


プロジェクトXに出ていたのか!







.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック