脳卒中は日本の三大成人病の一つに上げられています。がん、心臓病に次いで3番目の死亡の原因となっています。

脳卒中が起きると、一般的に損傷された脳の反対側の手足に麻痺が起こります。脳の左側が損傷したら、身体の右側に麻痺がおこります。この様に体の片側だけに麻痺が表れることを片麻痺といいます。

多目的トイレに片麻痺の配慮を

熊本県菊陽町にある菊陽町図書館に行ってきました。

公共施設では、車いすを利用されている方はもちろん、内臓疾患をお持ちの方、赤ちゃんのおむつを替える方が使える多目的トイレが設置されています。
近年、整備された「車いす対応トイレ」は、色々な方が利用できるというユニバーサルデザインの考え方に従って、多機能化し、たくさんの設備が設置されています。

高齢者や妊婦にはベンチやベッド、子ども連れにはおむつ換えシートやベビーチェア、オストメイト(内臓疾患者)にはオストメイト対応設備、最近では洋服を着替えられるように収納式着替え台なども設置されています。

多目的トイレのマナーを知ってね! - 静岡市バリアフリーマップ
菊陽町図書館のトイレは、片麻痺に悩む方に考慮した多目的トイレとなっています。

右側がマヒしている人は左手など身体の左側を使います。左側がマヒしている人は右手を使います。右利きの人でも脳卒中で右側が片麻痺になれば左手を使わなければいけなくなるでしょう。

右側に障害がある人用。

20160528_菊陽町図書館(熊本県菊陽町) (36)


左側に障害がある人のための多目的トイレも設置されています。

20160528_菊陽町図書館(熊本県菊陽町) (35)

菊陽町図書館のモットーは「利用者と地球環境に優しく」です。

利用者のことをとことん考えて、多目的トイレをデザインされました。
また、多目的トイレは男女用でなく、片麻痺の方が使いやすいよう、便器の位置やトイレットペーパー等の位置を左(右)に配置し、片手で全て対応できるように設計し、オストメイトや大型のベビーベッドも設置しています。

菊陽町図書館 建物ご紹介 
トイレ、必見の価値ありの図書館です。

利用者のことをとことん考えた、菊陽町図書館の災害情報掲示板の記事もどうぞ!

 あわせて読みたい 

脳ドックを受けよう

先日、脳ドックを受けました。脳卒中など脳の病気は、早期予防が可能といわれています。血圧など自分の体の状況を知り、食事を気にしたり運動をして、未然に防ぎましょう。
  1. 30代から自分の血圧を知り、コントロールする心がけを
  2. 塩分控えめの食生活と、コレステロールを減らす
  3. 仕事を離れてリラックスできる趣味を持つ。適度な運動も
  4. 40歳になったら脳ドックを受診し、脳の健康状態を常に把握する
▽菊陽町図書館のトイレは『ぼくは、図書館がすき』(日本図書館協会)にも選ばれています!






.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック