大学時代、オランダに短期留学していた時クロード・モネについてのレポートを書きました。

クロード・モネの中期の連作「ルーアンノートル・ダム大聖堂」に行ってきました。

モネは、睡蓮もしかり、同じ場所で、同じモチーフの絵を描き続けました。

でもその日の天気、光、空気が違うので、大聖堂も、違う表情を見せてくれます。

自然のその細やかな変化をとらえるクロード・モネがモチーフとして選んだルーアンノートル・ダム大聖堂も、冷たい石の塊ではなく、自然と石の建造物がまじりあい、命を持っていることが感じられます。

命を感じる場所だからこそ、人は祈りに、この大聖堂に向かうのでしょう。



_Harmonie_bleue
Claude Monet [Public domain], via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AClaude_Monet_-_Cath%C3%A9drale_de_Rouen._Harmonie_bleue.jpg

大聖堂の中は、静かな祈りの場所でした。



 







2024年のオリンピックはパリで開催される予定です。

パリは1924年にオリンピックをの開催しているので、2024年は100年目にあたります。

ルーアンはパリから電車で1時間ちょっと。ぜひ郊外にも足を延ばしてください。

 あわせて読みたい 
 あわせて読みたい 







.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット