海外に行くのは3年ぶり。ミャンマーに行くのは初めてです。まだ一度も行ったことのない国に行くのは、ドキドキします。

仕事でも、観光でも、海外に行く際、特に初めて訪問する国の場合、私が心がけてることを書いてみました。

CIMG3036

歴史に触れる

その国の歴史は、知るようにしています。特に近年史は、今生活している人が経験したことかもしれません。また過去の出来事が民族間の対立の理由になっていることもあります。

その国について書かれた本を読んでいくようにしています。専門書は全部は買えないので図書館を利用しています。

まっさらで臨む

歴史は人(トップの人)の思想によって変わっています。歴史には、いわゆるリーダーの思想やそれに反対した外国や同じ国内の人の動き(クーデターを起こして政権をとったとか、いろいろ関与したとか)が年号として残っています。

ただ、そこには暮らしていた人の生活が見えてきません。カンボジアでは、国民の200万人が3年8カ月20日で命を落としたポル・ポト時代がありました。それは1975年から1979年のことなので、今でも殺りくに手を染めた人が生きています。当時その人たちは10代前半で、洗脳しやすいということで子ども兵にされました。

その国には色々な背景を持った人が生活をしています。思いは持つけど、まっさらでその国に行くようにしています。

「ありがとう」と「こんにちは」だけは覚える

新しい言語が覚えられなくなってきました。その国で暮らすことになると、強制的に長い文章も覚えなければいけないことになりますが、短い滞在ではガイドブックを見ながら・・・という感じかも。

ベタですが、「ありがとう」と「こんにちは」は黄金の言葉。最低この2つはガイドブックを見ないでもいえるようにしています。

街をあるいてみよう

観光地巡りも大切ですが、私は街歩きを楽しんでいます。路地を歩いて見える生活や屋台の食べ物にワクワクします。人の生活があって、その国があると思っています。

生活を感じられるような場所に意識をしていくようにしています。

海外旅行に正解なし!ゆえに間違いはない
ご縁ができたことを楽しもう 

「あれ、あのお店でチップ払いすぎたかな」

「あのお寺にも行くべきだった」

などなど、個人旅行の場合は、後悔することもたくさんあるかもしれません。でもそれは「次の宿題」だと思いましょう。海外旅行に正解なし!初めて行ったことはご縁ができたことです。これをチャンスにもっと楽しんじゃいましょう。



 あわせて読みたい 
 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック