2014年から公共図書館の職員向けに「広報・PRのワークショップ」を頼まれる機会が増えてきました。それだけ「発信せねば」と思いながらも、どうすればよいのだろうと真剣に考えていらっしゃる姿に、応援したいと思ってやらせていていただいています。

今年の3月3日に町田市立中央図書館で行ったセミナー。このタイトル、担当の司書の方に「いいですね」と絶賛をいただきました。実際、超実践ワークショップをしました。

NPOの広報・PRセミナーの講師は2008年頃より務めていたので、そのパワーポイントを利用しつつ、講演とワークショップを行ってきました。やっぱりテキストが欲しいな、と思い始めていたのも事実。

そんな時に、私がパートナーを務めているアカデミック・リソース・ガイド株式会社が出しているライブラリー・リソース・ガイド(LRG)で広報の特集を組んでもらえることになりました。

「これが図書館の広報だ!」というタイトルで総特集のところを書かせていただきました。ちなみに文字数にすると7万字です。5,000字ほど削ったので、すごい枚数を書きたことになります。とっても長いのですが、ぜひお手に取っていただけると嬉しいです。
IMG_20160620_145436

【内容】これが図書館の広報だ!

こちらが私が書いた部分です。私の後にふじたまさえさんが「図書館100連発に学ぶ!小さな工夫で伝わるPRを」と、図書館で行われている具体例を紹介しています。こちら、必見ですよ!

0. はじめに

1. 図書館における広報・PRとは?
 1.1 広報・PRとは
 1.2 広報・PRの4つの理念
 1.3 広報・PRの4つの役割
 1.4 広報の活動形態
 1.5 広報担当者に必要とされるスキル
 1.6 なぜ広報がうまくいかないのか

2. 広報の目的とステークホルダー
 2.1 大学の広報
 2.2 行政の広報
 2.3 ステークホルダー別戦略の作成

3. 伝える工夫と情報の見せ方
 3.1 ACTIONフレームワーク

4. ブランディング
 4.1 自治体のブランディング~島根県海士町
 4.2 大学のブランディング~近畿大学
 4.3 公共図書館の中長期計画
 4.4 ガイドラインの順守の重要性~大学のブランディングを中心に
 4.5 ブランドとの調和と推進~龍谷大学を例に

5. オンラインとオフラインを融合して見せる
 5.1 オフラインの媒体
  5.1.1 利用案内
  5.1.2 広報誌
  5.1.3 チラシ
 5.2 オンラインの媒体
  5.2.1 オンライン媒体の3つの特徴
  5.2.2 ウェブサイト
  5.2.3 ブログ
  5.2.4 Facebook
  5.2.5 Twitter
  5.2.6 LINEをはじめとした新しいメディア
 5.3 オンラインとオフラインを融合させた発信とは
  5.3.1 展示やイベントのチラシをオンラインでアーカイブする
  5.3.2 投書箱
  5.3.3 企画展の本棚
  5.3.4 利用案内

6. 講習会やイベントの広報
 6.1 参加性と話題性
 6.2 ステークホルダーと規格の目的
 6.3 広報の仕方
 6.4 生中継
 6.5 終了後に行うこと
 6.6 イベント・企画の例
  6.6.1 ステークホルダーが講師
  6.6.2 「蔵書の交換展示会」をキャッチーなコピーで紹介

7. メディア対応
 7.1 メディア対応とは
 7.2 記者との接触
 7.3 プレスリリースを書く前に行う情報の整理
 7.4 プレスリリースの配信の例
 7.5 取材の依頼が来たら確認すべきこと
 7.6 取材後の対応
 7.7 危機管理広報
  7.7.1 視覚的な情報を大切にする
  7.7.2 危機管理広報の5つのポイント

8. 広報戦略
 8.1 広報戦略策定のための4っつのステップ
 8.2 状況分析(問題の明確化)
  8.2.1 図書館の中にある資料
  8.2.2 インタビューやアンケート調査
  8.2.3 報道状況調査
  8.2.4 広報活動調査
  8.2.5 図書館の経営理念・戦略の把握
 8.3 戦略(計画立案とプログラム作成)
  8.3.1 カテゴリー訳
  8.3.2 目標の設定で注意すべき点
  8.3.3 「ありたい姿」-「現状の姿」=やるべきこと
  8.3.4 測定・評価の項目づくり
  8.3.5 広報戦略の企画書
 8.4 実践
 8.5 評価
  8.5.1 準備評価
  8.5.2 実施評価
  8.5.3 効果評価

9. 最後に

特別付録
秘伝の10ヶ条と追加の6ヶ条

ライブラリー・リソース・ガイドVol.15の目次です!

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第15号/2016年 春号

ISBN 978-4-9085-1514-9
ISSN 2187-4115
発行日 2016年6月7日 

◆巻頭言 実りのある学びに向けて[岡本真] p.002 

◆総特集 これが図書館の広報だ![鎌倉幸子] p.005 
◇図書館100連発に学ぶ!小さな工夫で伝わるPRを[ふじたまさえ] p.097

◆マガジン航Pick Up Vol.4 博物館をネット上にひらく試み[仲俣暁生] p.118 

◆連載 図書館資料の選び方・私論 ~その2[嶋田学] p.124 

◆司書名鑑 No.11 山崎博樹(前・秋田県立図書館副館長) p.136 

アカデミック・リソース・ガイド株式会社 業務実績 定期報告 p.145 
定期購読・バックナンバーのご案内 p.156
次号予告 p.159

   こちらからお買い求めくださいませ!

また図書館総合展などイベントでも販売しております。アカデミック・リソース・ガイドのブースにお立ち寄りくださいね。

IMG_20160620_145455
7万字の後は、8万字が待っているぜ!がんばりまーす





.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック