海外旅行、留学、駐在は健康でいたいものです。体を壊したら観光を楽しめない!学校や仕事を休むと、テストや契約などにも影響するかもしれません。

私もオランダで虫垂炎の手術をした時、試験前でした。試験には間に合うように退院できたのですが、最後の追い込みがかけられずに自信があった教科の成績も今一つでとてもがっかりした記憶があります。

今回ミャンマーに行く前に、「日本からペットボトルの水を持って行ったほうがよい」とアドバイスをいただきました。調べたらヤンゴンなどにコンビニもあり水が買えるようなので、日本からは持っていきませんでした。

ただヨーロッパなどは軟水ではなくミネラル分が多い硬水のものもあり、それを飲んでお腹がゆるくなってしまった人もいます。現地のコンビニなどの情報がうまく得られないようでしたら、重いですが日本から買って持っていくのもありかと思います。
5cdbe796031a4345bb0c8ef1ba364697_s
海外旅行の際、気を付けることとして「水」について書いていきたいと思います。暑い国に行くと冷たいものが飲みたくなります。そこでノーマークとなってしまうのが「氷」です。

海外では「氷」に注意!それはどこで作っているの?

カンボジアにいた時、首都のプノンペンから車で2時間ほど車で行った小学校に行きました。35℃を超える日で、とにかく暑い。暑いというより、熱い。燃やされて灰になりそうです。

小学校での仕事が終わった時には、汗だくでした。

ちょっと、どこかで涼んで行こうと思い、村の屋台に行きました。屋台のお母さんが作るサトウキビジュースがおいしそう。ライムも絞って、フレッシュ!変に水を飲むよりは、果物を食べたほうがよい時もあります。

さっそくサトウキビジュースをオーダーしました。たっぷりの氷が入ったグラスに搾りたてのサトウキビジュースが注がれます。ドロドロした甘さは全くなし。水分が蒸発しきった体に、すっと入っていきます。

「いやぁ、冷えてておいしい」

とつぶやいた瞬間、ふと思ったのです。

「この氷、どこで作ってるんだろう」

と。

サトウキビジュースを絞ってくれたお母さんに、この氷はどこで作られているのか聞いたら、「この村で作っているのよ」と水も豊富だしね。

そういって指をさした先にあったのが


















メコン河
 o0400030010257175523
肥沃な土を運んできてくれる恵みのメコン河の水・・・・。この水を飲むと体内にいろんなものが運ばれます。

私は大丈夫だったのですが、お腹を壊すこともあるとか。(絶対あるでしょう)

野菜を洗っている水について聞こう!

氷よりもノーマークになるのは、野菜を洗っている水です。カンボジアでは「うちのホテルは野菜もミネラルウォーターで洗っています」とプレゼンしているのを聞いて、「なるほど」と思いました。

不安になったら、ガイドさんとかに聞いてみるのも手だと思います。

水を飲まないと脱水症状をおこします

だからといって水を我慢すると脱水症状を起こしてめまいがしたり、倒れてしまったりします。

水とうまく付き合いましょう。飲まなくてもよいので、ペットボトルのお水は1本必ず持ち歩くようにしてくださいね。

Have a nice trip!



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック