新聞の原稿の校正戻しが終わりました。ちょっと、ほっとしました。

青森県の地方新聞「陸奥新報」のリレーエッセイの執筆者として選んでいただきました。「望遠郷」というコーナーです。

 あわせて読みたい 

最初の原稿が幸せなマッチングの鍵

原稿の依頼をいただくと本当に嬉しくなります!それと同時に、緊張が走ります。

原稿依頼をもらって、コーナーの詳細についても教えてもらったとしても、私が書いた文章と先方が求めたものが違うかもしれないのです。なので最初の原稿は早めに出して「これでいいですよね?」と聞くようにしています。

幸せなマッチングでありたいですね。

今回、原稿を書いたのはニューメキシコ州のサンタフェ。サンタフェ公共図書館で原稿を書きました。図書館は電源も使えるし、フリーWi-Fi。クーラーも効いていて最高の場所です。

IMG_20160708_124740
あ、これはブログの画面だ。

原稿を提出した後に、担当してくださっている記者さんからメッセージをいただきました。
アメリカからの風と弘前の記憶が交じり合い、不思議な心地よさの中で拝読しました。

締切前にお届けいただき、誠にありがとうございます。
P1120214
また校正戻しの時に以下のようなコメントをいただきました。

弘前の特殊性が当たり前だった我々の認識に一石を投じてくれる作品でした。

このような作品をいただけたことを、とてもうれしく思います。

校正を戻しをした後アーカンソー州のホットスプリングスのスパゲティ屋さんで一人乾杯。

image
嬉しくて、ワインを頼んでしまった。

校正戻しを終えて-7月26日掲載です

海外で原稿を書いて、海外で校正戻しができるとは驚きな時代です!

ただどんな場所でも価値のあるメッセージを届けられる文章を書いていけたらと思っています。

今回はちょっと自信作です。青森県限定ですが、青森の皆様、ぜひお手に取っていただければ幸いです。7月26日の号に掲載予定です。

 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック