アメリカ横断中の鎌倉です。

今泊まっているイリノイ州グラニットシティのモーテルの向かいにあるガソリンスタンドに、水を買いに行きました。

駐車場のわきにこのボックスを発見!同じものを別の場所でも見たんですよね。

見ての通り、洋服や靴を回収しているらしい。服のリサイクルをしているNPOかなと思いきや違ったのです。

USAgainという会社が提供しているボックスについてです。

Non-ProfitではなくFor-Profit

Webサイトを見てみるとUSAgainは1999年に設立。以来、16の州に12,000の写真のような回収ボックスを設置しています。

20160713_Granite City, IL (5)

服などを回収したら、それを開発途上国や低所得者が暮らすエリアで無料配布をするイメージがあります。

ただこのUSAgainの仕組みでは、集まった服は販売する。つまり商売にする服を集めるボックスになっています。

商売の素となるものを無料で提供してもらうってどういうことと思われるかもしれません。会社のミッションとしてこのスタイルをとることで、

  • 人々の収入源となる
  • 再利用することで地球の環境に配慮できる
  • 地元の人に仕事の機会を提供する
と地域活性化や環境配慮等ソーシャルビジネス的要素があるようです。

私たちも着なくなった服をどうしようか悩むこともありますよね。私もこの前服をすてましたが、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。

無償で配布をするために服を集めるというマインドは持っている人が多いと思いますが、地元のローカルビジネスのために服を提供するという考えもありかと思いました。

つまり資本提供と思えばよいわけです。

Non-Profitではなく、For-Profitか。無料で当たり前と思っていることをビジネスに転換できるんだということを知れて目から鱗でした。私も考えてみよう!

20160713_Granite City, IL (6)

 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL