ルート66の旅。カリフォルニアのサンタモニカを出発し、イリノイのシカゴに向かうわけですが途中、砂漠とか、そう思いきや雹がふったりと驚きな天候の連続でした。

私は車の中にいるので大丈夫ですが、心配したのは私のbuddy(兄弟分)のNissan Versa Sedan。日本でいうと日産マーチです。

IMG_20160705_082148

嵐の中、タイヤがパンク!

アメリカは内陸の天気には要注意です!曇ってきたな、と思ったらいきなり嵐になる可能性があります。

それこそ砂漠の天気と思っていたら、雹が降ることだってあるのです。そんな過酷な環境の中にさらされている車は大変だ。

IMG_20160713_144706

その日洗車をして、タイヤを洗ったとき、ちょっと気にはなったのです。溝の浅さか・・・そんなにじーっと観察はしませんでしたが。

ミズーリ州を走っていた時、急に空が曇ってきました。少しすると大雨で風も吹き嵐になりました。事故が起きたのか、高速道路は大渋滞ののろのろ運転。

「ちょっと高速じゃなくて一般道でセントルイスまで行こう」そう思って高速道路を降りました。

IMG_20160713_150026

アメリカの嵐は木も倒し、道をふさぐ

事故がその先で起こっているらしいので、一般道を使おうと高速道路を降りました。

ルート66の旧ルートは高速道路のわきの一般道になっている可能性が高いので、ルート66の旧道を使ってセントルイスを目指そうと思ったのです。

ただここでミスをしたのはルート66ではなく、ルート30という全く別の道に行ってしまったことです。な世相なってしまったかというと、行先がセントルイスの看板が出ていたから。遠回りでもセントルイスに行く道・・・ということで間違いではありませんでした。

嵐でワイパーを一番速い速度でかけても前が見えないくらいだったのでルート66の看板を見過ごしていたかもしれません。

この嵐は尋常じゃなかったかもしれません。一般道を走っていたら、風で吹き飛ばされた葉っぱや木が落ちています。あるところでは大きな木が一本、道の片側をふさぐように倒れていました。

そんな木片などを避けながら走っていたのですが、踏んでしまったのですかね。

鈍い音と違和感がした

道を走っていると突然鈍い音が聞こえました。そして走り方がちょっと変わった感じです。

直感で

パンクしたな

と思いました。車を端に止めましたが、外は大雨でちょっと窓を開けると大量の雨が車の中に入ってきます。

IMG_20160713_163144

ちょっと小ぶりなったのを見計らって、外に出ると、やっぱりパンクでした。

右の後輪がぺっちゃんこになっていました。

ゆっくりと、運転しつつ、脇で作業ができるところに移動します。

IMG_20160713_163010

ここ注目!

Nissan Versaのスペアタイヤは後ろのトランクの中にはありません。

トランクの中にはパンク修理用のキットとスペアタイヤが搭載されている・・・はずですよね。トランクからスーツケースを下ろして、ボードをめくると修理用のキットが出てきました。ふつうこの「下」にスペアタイヤがあるのですが見つからない!!!

事故ということでレンタカー屋に電話をしてその後の対応について相談しました。近くの店を紹介してもらいましたが、嵐のせいで町全体が停電になり、連絡が取れないとのこと(どんな嵐だ)。レッカーを呼ぶと2時間とかとにかく時間がかかることを伝えられます。

とりあえずスペアタイヤに変えてセントルイスまで走る必要が出てきました。

うろちょろしていると、スペアタイヤを発見!!

それはトランクの下。つまり後部(トランクの部分)の底の部分にタイヤがくっついているのです。

スペアタイヤはパンク修理用のキットが入っているスペースにねじの頭の部分があり、それをひねるとタイヤが下りてきます。

いずれにせよタイヤ交換。
IMG_20160713_163051

スペアタイヤに変えましたが、空気圧とかチェックしています。足でけって。

 IMG_20160713_163018

スペアタイヤにホイルは入らないので、これもパンクしたタイヤと一緒にトランクに保管。

IMG_20160713_163028

ここでのチェックポイントは、タイヤの場所です。

トランクルームの中にはスペアタイヤはありません。トランクるーすむの真下にありますので、下から覗き込んでみましょう。

タイヤ交換をしていると、「近所に住んでいるの。大丈夫」と女性が声をかけてくれました。「レンタカー屋さんと話し合っているので大丈夫だと思う」と答えて一度お母さんは家に戻りました。(といってもどこが家かわからないくらい、草原)

私がスペアタイヤに変えていた時に、息子さんが来てくれて、手伝ってくれました。(最後はほとんどやってもらった)

そんなアメリカの温かさと

アメリカの運転の厳しさと

でもやっぱりいろいろあるからルート66は面白いという気持ちと


がっつり味わいました!



 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL