危機管理広報は、広報担当者が最後に行きつく領域といわれています。なので「危機」が起きた時を常に想定しています。

震災が起きた時の危機管理広報や避難訓練、海外でスタッフが誘拐された時のシミュレーションはしているのですが、全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴った時の練習もするべきだと思いました。

Jアラートの音が把握できますか?

全国瞬時警報システム(Jアラート)という言葉は最近また耳にするようになりました。

弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて屋外スピーカーなどから国民保護サイレンと緊急情報が流れることになっています。

私自身「もしかして認識しないかも」と感じたのは、その音を聞いたことがなかったからです。

どれくらいの方が、音を認識しているのでしょうか?

こちら緊急時のサイレンなので、内閣官房の「国民保護ポータルサイト」でも「みだりに吹鳴することを禁じます」と注意が書かれています。

※オオカミ少年状態になってしまいますからね。

ただ音を知らないと、それが「国民保護に係る警報のサイレン音」と分からず、逃げるまでに時間がかかったり、逃げることすらしない場合もあるかもしれません。

■サイレン音の再生■
警報が市町村から住民に伝達される際には、武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域に当該市町村が含まれる場合には、原則としてサイレンを使用して注意喚起が図られることとなっています。政府は、平成17年7月、国民保護に係る警報のサイレン音を決定しました。

「 国民保護のための情報伝達の手段」(内閣官房)
 サイレン音の再生はこちらから


本当はサイレン音が聞こえない社会が続くのが理想です。

そう願いつつも、備えあれば、憂いなしということで。

※ただ真夜中にアラートが鳴って、地下に逃げられる自信がない。というか、地下がない。

PAKS_aozoratosupika_TP_V1





.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット