年の瀬は、お世話になった方々の顔が思いだしている鎌倉@1192_sachikoです。

「あの時、ヘルプをいただいたから、こんなことができたんだな」としみじみ思います。

12月に入り、ニューヨーク公共図書館からメールが届きました。

件名は、"Libraries are for everyone"。訳せば、「図書館はすべての人のためにある」となるでしょうか。
image

今年のお礼と、図書館が今年行った活動、そしてその成果から生み出されたこと 。

そんなメッセージが、クリスマスデコレーションに彩られた、ライオン像の写真と一緒に届いきました。

継続的な信頼関係を築いていくために

Seasonal Greeting(季節の挨拶)だけではなく、しっかりと図書館の価値を伝えている、このメッセージに、心が温かくなりました。

みなさん、お世話になった方々に、お礼と報告はしましたか。

お願いばかりになっていませんか。

報告をすることは透明性を高めることです。

広報の定義は「あらゆる組織体が、 その組織を取り巻く多様な人々との間に継続的な“信頼関係”を築いていくための考え 方と行動の在り方」です。

一本のメッセージメールが、継続的な信頼関係を築いていく一歩になるのではないでしょうか?

「図書館はすべての人のためにある」ニューヨーク公共図書館の年末のメッセージ(翻訳付き)

Libraries are for everyone

Dear Friend,

For more than 100 years, The New York Public Library has served as a safe haven for all who seek knowledge, information, and personal growth.

In today's often turbulent times, it’s vital to reaffirm our commitment to helping all who seek our services.

No matter who you are, where you come from, or what you believe, our doors are open to you, because libraries truly are for everyone. The strongest way to demonstrate this unwavering commitment is not through words, but through actions.

This year, our community outreach services were more vibrant than ever, including our literacy education services for all ages, ESOL classes for non-native English speakers, and citizenship programming for new Americans.  Without the generosity of our supporters, none of these achievements would be possible.

On behalf of all of us at the Library, we thank you for the role you've played in furthering this important work and ensuring that the Library remains an open, welcoming, freely accessible fount of opportunity for generations to come.

Sincerely,

Tony Marx President, The New York Public Library

図書館は、すべてののためにある

親愛なる友人のみなさま

ニューヨーク公共図書館は、100年以上にわたり、知識、情報、個人的な成長を求めるすべての人々にとって安全な安息の場所となってきました。

現在の激動の時代においてきわめて重要なことは、私たちのサービスを求めるすべての人を支援するという誓いを再確認することだと考えます。

あなたが誰か、どこから来たのか、何を信じているのかに関係なく、図書館の扉はあなたに向かって開かれています。なぜなら、図書館は真に、すべての人々のためにあるからです。

この揺るぎない誓いを示すもっとも最適な方法は、言葉ではなく、行動で表すべきだと考えます。今年は、すべての年齢の方々への対象とした識字教育サービス、英語を母語としない方々へのESOL(English for speakers of other languages=外国語としての英語)クラス、新たにアメリカ人国籍を取得した方々のための市民権プログラムを提供する等、地域のアウトリーチサービス(公的機関、公共的文化施設などが行う、地域への出張サービス)を、これまで以上に活発に行いました。 支援者の寛大なご尽力がなければ、これらの成果を得ることはできませんでした。

図書館の全職員を代表して、これらの重要な業務を進められたこと、図書館が扉を開け続けられたこと、そして、すべての世代の方々に自由にアクセスできる機会を提供するお手伝いをしてくださったことに、感謝申し上げます。

真心を込めて

トニー・マルクス ニューヨーク公共図書館 館長 



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット