今日、雪道を運転していろいろな気づきがあった鎌倉@1192_sachikoです。

青森県弘前市は、昨晩、大雪でした。

父の車を借りて、運転したのですが、雪道を走りながら、これだけはやっておけという教訓を得ました。
2018-01-03-10-28-41

何よりも大切なのは「車間距離」を取ること

久しぶりの雪道の運転でした。日中は温かかったので、雪が解けている箇所もありました。

でも、運転していて思ったのは、雪で敷き詰められた道よりも、適度に溶けてシャーベット状になっている雪の上を走ると、たまに足を取られるということです。

スピードを出していなかったので、事故にはなりませんでしたが、もし、足を取られてスリップしたら一大事です。
image
さて、雪道を走る上で(それ以外の時もですが)、大切なのは十分に車間距離を取ることです。

雪に足を取られたり、アイスバーンの道でブレーキがきかずなかなか止まらなくても、車間距離が十分にあると、変な焦りが生まれません。

パニックになって、急ブレーキを押すと逆にスリップの原因になります。

ブレーキはやさしくポン、ポン、ポンと踏むのがコツ。

後ろを走る車も、車間距離を意識しよう

前の車がノロノロ走っていると、すぐ後ろを走って距離を詰めて、スピードアップさせようという車がいます。

それはネガティブな効果しか生まないと思います。

だって、前の車がスリップしたら、自分の車と衝突する確率も高まるからです。

自分の前をゆっくりと走る車がいても、十分に車間距離を取りましょう。

今日、弘前市からつがる市まで運転しましたが、後ろの車もスピードを上げることなく、均等の車間距離を取っていました。もちろん私も前の車とは十分な距離を取りました。

急がば回れではないですが、事故が起きて取られる時間よりも、ゆっくりでも確実に移動できる時間をキープしたほうがよいのでは。

安全運転を心がけましょう!

私が乗っている、トヨタヴィッツ
by カエレバ



.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

【プロフィール】鎌倉幸子はどこから来てどこへ行くのか

【執筆した本一覧】記憶を記録にするシゴト

【連絡先】執筆や講演などの依頼はこちらのフォームからお願いします

ツイッターもフォローしてね



本のご案内!

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

鎌倉 幸子 筑摩書房 2014-01-07
売り上げランキング : 340327
by ヨメレバ


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット